千葉の役所と転職

千葉県は人口の大半が県の北西部にあるため、この地域に役所などの行政機関が集中している状況にあります。そのため、行政機関への就職などにおいてもこの地に出向いて行う必要がある場合がほとんどです。行政機関があちこちにあってもそれだけ住民コストは増大するので、市町村合併などが行われた時にある程度整理縮小や統廃合が行われてきました。

統廃合によって職場自体が減るわけですから、雇用も抑えられる方向で進展をしてきています。ただし、今後景気が良くなると公務員への希望者は一般的に減ると考えられるので、この職を目指す上では競争者が減りますから、有利と言えるかもしれません。

千葉県のように南北に長くしかも人口が多いところが固まっている地域では、行政サービスが隅々まで行き届いているか、疑問視する向きもあります。人口がいない地域だからと言って行政サービスを疎かに吸うrことがないようにするのは当然ですが、費用対効果も考えていく必要があるという二重背反の問題も抱える地域と言えます。